Xonar U7のLFEチャンネル

ローパスフィルタが勝手にかかるようなことなく、通常通りに出力されるようです。 これなら3way+サブウーファではなくて通常の4wayが構成出来そうです。

amafir4way

amafir(3way+サブウーファ)を修正して4way用のamafir4wayを作りました。

amafir4way version0.12a

gcc amafir4way.c -lm -lfftw3 -O3 -o amafir4way_b

でコンパイルして

sudo cp amafir4way_b /usr/bin/

実行ファイルの名前によってチャンネルマッピングを変えているのでXonarU7では”amafir4way_b”にしてください。 使い方はamafirと同じ 指定したディレクトリ内の係数ファイルを各チャンネルに畳み込みます。 wisdomファイルをこのディレクトリに書き込むのでmpdの実行ユーザーがこの ディレクトリに書き込む権限を持っている必要があります。

係数ファイルは

  • LF.txt
  • RF.txt
  • LS.txt
  • RS.txt
  • LB.txt
  • RB.txt
  • CF.txt
  • LFE.txt

の8つ

mpdのpipe出力を

audio_output {
  type  "pipe"
  name  "amafir"
  command  "amafir4way_b /home/hoge/amafir | ama32to24 | aplay -r 96000 -f S24_3LE -c 8 -D hw:U7,0"
  format  "96000:32:2"
}

とすれば4wayマルチアンプの出来上がり。

2015年7月10日