バスレフの群遅延

バスレフの低音は遅れる、立ち上がりが遅い、などと言われている。 どれくらい遅れるのか群遅延を計算してみる。

Octaveにはgrpdelayという関数があるので簡単に計算できる。単位はサンプルなのでサンプリング時間を掛ければ時間になる。前回計算したインパルスレスポンスの群遅延をプロットしてみる。単位はmsec

fig1

なるほど、バスレフの共振周波数付近から群遅延が大きくなっている。 それはわかるのでバスレフによってどれだけ遅れているか調べてみる。 周波数特性によって群遅延は影響をうけるので同じ周波数特性の最小位相フィルタを 作ってそれと比較してみる。青がバスレフ、赤が同じ周波数特性の最小位相フィルタ。

fig2

( ゚д゚) ・・・
(つд⊂)ゴシゴシ
(;゚д゚) ・・・
(つд⊂)ゴシゴシゴシ
  , .
(;゚ Д゚) …!?

えーーーーーーーーーーーーーーっ!!!!!! バスレフでもほんのちょっと群遅延が大きくなってるだけじゃないかぁぁぁっ!

これは小さめの箱だからなのか? 大きめの箱でも計算してみる。

2014年11月16日